ビジネスコース

 

日本語コース・簿記コース

 

相互理解促進事業・留学支援

 

図書館

Thư viện tiếng Nhật

 

「経営塾」第6期生募集に関するお知らせ ~ベトナム工業界を牽引する「経営者(中小企業・裾野産業)育成プログラム」~

「経営塾」第6期生募集に関するお知らせ

~ベトナム工業界を牽引する「経営者(中小企業・裾野産業)育成プログラム」~

 

1.  経営塾の魅力と必要性

世界経済が依然として停滞する中で、アジア経済は回復の兆しが見え始めている。ベトナムは、この活発なアジア経済区域に属し、海外からの外国直接投資先(FDI)として、魅力は一層高まっている。しかし今後、地域内の他国とFDI誘致に向けた競争力を保持するためには、ベトナム地場産業の基盤形成とりわけ生産技術、品質管理、経営手法を習得した優秀な経営者、裾野産業の育成が重要であることは言うまでもない。これは同時に、ベトナム地場産業に新たなビジネス・チャンスをもたらすことにも繋がる。

企業の健全かつ持続的な発展、国際競争力を高めるためには、指導者とりわけ中小企業の若手経営者のリーダーシップ、管理能力が重要な要素となる。故に、先端的な生産・加工技術を現場レベルで消化できる体制の構築、高品質・高付加価値商品の開発は勿論のこと、不確定要素を予測し、合理的かつ先進的な経営手法を実行できる人材が求められている。そのため、ベトナム人経営者は、これらの課題を速やかに解決し、中・長期的な視点にたっての経営(モノづくり、人づくり)に取り組むこと必要がある。

2. 目的

「経営塾」は、ベトナム政府が掲げる2020年までの工業国化に寄与する同国工業界(特に裾野産業)を索引できる若手の経営者人材の育成を支援するもので、日本の経験豊富な企業経営者や工場経営者、海外での企業経営経験者を講師として、実務的且つ実践的に、受講生各社の、経営上の問題を正しく把握(問題発見能力)し、問題解決のための対策を立案(問題解決能力)し、改善計画の実行(実行能力)の能力を養い、経営者としての洞察力、戦略的思考力、判断力を高める学習をする事を目的とする。また、経営塾を修了した経営者が、今後ベトナム産業界のリーダーとして産業界を牽引していく人材となることも合わせて目的とする。

3.  対象

1)   ベトナム国民であること。

2)   ベトナム企業経営者:国営企業、株式会社、私営企業における社長、副社長

3)   日系企業における経営者、中間管理職(部長・課長・係長)

4)   政府関係機関、組織職員

5)   「経営塾」は、実践的な講座であるため、受講生は自社の経営状況を明確に把握し、改善の意識をもつことを求められる。

6)   塾生は自学・自習・自得が原則であり、自社の経営に関して強い「問題意職」を持ち、更に高い「改革意欲」を持った人であること。また、1年間の長期にわたる受講であるため、「継続のための強い意志」を持つことが求められる。また、休むことなく、全期間の受講が可能者な者であること。

4. 使用言語

日本語又は英語(ベトナム語の通訳有り)

5.  講座開催期間

1)   予定開講期間:201410~20157

2)   10 回程度(1回 5日間/月 程度の集中研修を実施)及び成績優秀者のための日本研修(約2週間)が含まれる。

3)   成績優秀者は、出席率、学習態度、成績に基づき、主催者により選択される。

6.  講師

1)   日本人講師:世界中の日系企業において豊富な経験をもつ企業経営者である。

2)   ベトナム人講師:ベトナムのグローバ ル化及び経済危機に応じて、企業のコンサルティング、教育の豊富な経験を持つ講師である。

7. 定員 

 20-25名

8. 費用

受講料:2500ドル

ベトナム国内の往復航空券、宿泊費、翻訳・通訳費用及び成績優秀者への日本研修費用を含む。

9. 会場

1)   ハノイ及びホーチミン市のVJCC施設で基本に行う。

2)   講座開催期間中、日系企業、ベトナム企業への企業見学なども行う。

3)   成績優秀者への日本研修は、主として日本の中小企業で研修を実施する予定である。

 

10. 2014年度塾生の選考 (予定)

経営塾の説明会      : 午後1400分~1500

書類の受付         : 2014714日(月)~2014815()

一次選考結果の通知     :    2014年8月下旬 

面接                  : 2014年9月初旬    

結果通知                : 2014年9月中旬

 

① 出願に要する書類等を下記期日までに郵送してください。

書類

内容

小論文

応募者は自己紹介書、自社が直面する経営課題及び解決方法について記入してください。

(越語および、日本語又は英語でA4用紙:2500字、3~4枚程度)

※注 提出書類に基づき「VJCC経営塾運営委員会」が書類審査及び面接審査によって厳正且つ公平に選考する。

推薦状

経営幹部(副社長クラス)は、経営責任者の推薦状を添付すること。

 

② 送付・提出先

  宛先:ベトナム日本人材協力センタ(VJCC-HN)

      91 Chua Lang Str., Dong Da Dist, Ha Noi, Viet nam

  • Tel      ハノイ                 +844.3775 1279( 116- Ms Kieu Minh, 119-  Ms Bich Hang)                    
  • Mail      ハノイ                 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 , このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。         

6期経営塾プログラム内容 (予定)

          (予定:日時、内容の一部変更はあり得る)           

ID

日程
時間

講座名

内容

担当講師

K1

2014
10
13日―17日

開講式
講座

開講式と基調講演

 

・ 開講式典

経営塾関係者

・ 基調講演-(仮題 企業と経営者)

政府関係者

・各社経営課題の再確認と解決への取り組み

日本人専門家

K2

11

日本式
ものづくり

日本式ものづくりの

日本人専門家

 (品質とKAIZENにフォーカス)

・  日本のものづくりの基本と重要な

ポイントの学習(QC、PDC、TPS等)

・ 理論だけでなく実践的学習

K3

12

人材開発と育成

人材開発・育成の実践

日本人専門家

・  人材育成と給与

-その体系と評価システム

・  訓練と育成

K4

2015
1

財務管理と商法

財務管理と投資

 

 

 

ベトナム人

専門家

 

・  財務計画

・  短期と長期財務管理

商法・  商業契約の起草

・  国際ビジネスにおける紛争解決

K7

2月

マーケティング戦略

マーケティング戦略

 ベトナム人

専門家

・競争戦略、成長戦略、ブランド戦略

企業広告戦略、顧客第一、等

・ケーススタディー

 

K5

3

経営戦略I
(理論編)

経営戦略の理論編を学習

 

 

日本人専門家

 

・  経営理念、戦略の考え方

・  戦略立案に役立つ分析ツール

・  事業領域とコア・コンピタンス

K6

4月

経営戦略 II
(実践編)

 

経営戦略の実践

 

日本人専門家

 

・  経営戦略に基づく BSC,BPR

-戦略の実施とその評価

K8

5

ビジネスプラン

 

ビジネスプラン(又はKAIZENN 画)

日本人専門家

・  ビジネスプラン、KAIZEN計画-企業改革のロードマップの作成

K9

6

成果発表
と閉講式

 

成果発表会

経営塾関係者

閉講式

K10
特別

7

日本研修

成績優秀者による日本研修

 

 

日本側

 

 

・ 日本のSME見学、SME経営者との懇談、意見交換等

・ 企業者連携、産学協同、経済団体などの仕組みと連携

・ 技術の継承や人材育成の仕組みと昇進・昇格、評価制度

ベトナムの工業界を牽引する「経営者(中小企業・裾野産業)育成」 のための「経営塾」第四期生募集に関するお知らせ

 ベトナムの工業界を牽引する「経営者(中小企業・裾野産業)育成」

のための「経営塾」第四期生募集に関するお知らせ

 

1. 経営塾必要の背景

世界の経済危機の影響を受け、ベトナム経済も困難を回避できず、工業立国に向け多くの課題に直面している。他の国々は工業生産の強化と発展をもって、経済危機を回避している。しかし、ベトナムでは、生産技術、品質管理、経営手法などが不充分で、優秀な経営者、裾野産業が不足している。現在、多くの海外企業のベトナム進出が見られるが、ベトナム地場産業がこれら海外企業と対等に或いは相互補完関係にあり、陸々と工業化が発展しているとは言えない。日系企業との取引や、日本への輸出を例にとって見ても、残念ながら日本企業が求める高い品質水準や、経営手法に対処できる企業は極めて少ない。

ベトナムが工業国化を進めるためには高品質、高付加価値商品の開発は勿論のこと、合理的かつ先進的な経営手法の学習が必要である。

ベトナム人経営者は、これらの課題を速やかに解決し、中・長期的な視点にたっての経営(モノづくり、人づくり)に取り組むことが求められている。

 

2. 目的

「経営塾」は、ベトナム政府が掲げる2020年までの工業国化に寄与する同国工業界(特に裾野産業)を索引できる若手の経営者人材の育成を支援するもので、日本の経験豊富な企業経営者や工場経営者、海外での企業経営経験者を講師として、実務的且つ実践的に、受講生各社の、経営上の問題を正しく把握(問題発見能力)し、問題解決のための対策を立案(問題解決能力)し、改善計画の実行(実行能力)の能力を養い、経営者としての洞察力、戦略的思考力、判断力を高める学習をする事を目的とする。また、経営塾を修了した経営者が、今後ベトナム産業界のリーダーとして産業界を牽引していく人材となることも合わせて目的とする。

3. 対象

  • ベトナム企業経営者:国営企業、株式会社、私営企業における社長、副社長
  • 政府関係機関、組織職員
  • 「経営塾」は、実践的なコースなので、受講生は、自分自身の企業の経営状況に関して、明確に把握し、改善の意識をもつことを求められる。
  • 塾生は自学・自習・自得が原則であり、自社の経営に関して強い「問題意職」を持ち、更に高い「改革意欲」を持った人であること。また、1年間の長期にわたる受講であるため、「継続のための強い意志」を持った人であることも必要。そして、講座期間中は休むことなく、全期間の受講可能者であること。

4. 使用言語

  • 日本語又は英語(ベトナム語への通訳者付き)

 

5. コース期間

  • 1年間、10回コース程度(1回 5日間/月 程度の集中研修を実施)及び成績優秀者のための日本研修(約2週間)が含まれる。
  • 予定:2012年10月~2013年7月
  • 優秀者は、出席率、学習態度、成績に基づき、主催者に選択される。

6. 講師

  • 日本の講師:世界中の日系企業の経験豊富な企業経営者である。
  • ベトナムの講師:ベトナムのグローバ ル化及び経済危機に応じて、企業のコンサルティング、教育の豊富な経験を持つ講師である。

7. 定員20-25名
8. 費用

  • 受講料1950(成績優秀者の日本研修も含む)
  • VJCCハノイ以外の場所に行われるコースの場合、往復航空券、宿泊の費用はVJCCが負担する。

9. 会場

  • ハノイ並びにホーチミン市のVJCC施設を基本に行う
  • 講座開催期間中、日系企業、ベトナム企業への企業見学なども含まれる。
  • 成績優秀者の日本研修は、主として日本の中小企業、企業グループでの研修を実施予定。

10. 塾生の選択

応募書類は以下のような条件を満たさなければならない

① 小論文:応募者は、自社の経営課題及び解決方法に関する小論文(越・日・英語でA4:2500字、約3~4枚程度)ならびに自己紹介書の提出が必要である。

注: 提出書類に基づき「VJCC経営塾運営委員会」が厳正且つ公平に選択す(書類審査及び面接審査があわせて行われる)。

②  推薦状:経営幹部(副社長クラス)は、経営責任者の推薦状を添付すること。

③ 書類は以下の連絡先に、送付すること

  • 住所:ベトナム日本人材協力センタ(VJCC-HN)

91 Chua Lang 通, Dong Da 区, Ha Noi 市

  • ファクス:  ハノイ                       :04-37752226(Ms Kieu Minh, Ms Bich Hang)

ホーチミン市            :08-35122150(Ms Ha, Ms Uyen)

  • メール:   ハノイ                       :このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 , このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

ホーチミン市 :このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

経営塾の説明会: 2012712(予定)

説明会の申し込みの締め切り:201276日までに。

書類の受付 : 201286日~2012817

面接 : 2012年の9月中旬(予定)

結果発表 : 2012年の9月下旬(予定)

続きを読む...

経営塾2011年度説明用の事項

ベトナムの工業化を牽引する「経営者(中小企業・裾野産業)育成」

のための「経営塾」第三期生募集に関するお知らせ

1. 経営塾 必要の背景

WTO加盟やFTA/EPA等の発効により、急速に進展するベトナム企業の国際化、並びに中小企業経営者の経営力強化(とりわけ裾野産業の育成)が急務である。 企業の国際化には、高度な生産技術の導入と高品質、高付加価値商品の製造は勿論の事、合理的かつ先進的な経営手法の学習も必要である。

現在、多くの海外企業のベトナム進出が見られるが、ベトナム地場産業がこれら海外企業と対等に或いは相互補完関係にあり、隆々と工業化が進展しているとは言えない。

日系企業との取引や、日本への輸出を例にとって見ても、残念ながら日本企業が求める高い品質水準や、経営手法に対処できる企業は極めて少ない。

これは、工業化を進める経営者層の人材不足、能力不足(特に若手の経営者)と言わざるを得ない。

ベトナム人経営者は、これ等の課題を速やかに解決し、中・長期的な視点にたっての経営(モノづくり、人づくり)に取り組むことが求められている。

続きを読む...

サイトマップ

Vietnam - Japan Human Resources Cooperation Center Hanoi (VJCC).

  • Add: No 91 Chua Lang Str, Dong Da Dist, Ha Noi, Viet Nam.
  • Hot line: +844.3775 1278/79
  • Fax: 04.3775 2226
現在地: ホーム 人材育成コース 経営塾コース